健康経営

従業員の健康保持・増進を図る取組みを進め、健康経営を推進しています。

社長メッセージ

当社グループは、「化学事業を通じてより多くの人々とより多くの幸福を分かち合う」という企業理念のもと、化学の力で新たな価値を創造し、持続可能な社会の実現に貢献することを目指しています。

当社グループが持続的に成長するための源泉は「人」であり、多様な人財が生き生きと働くことができる職場環境の構築は重要な課題です。

従業員の健康保持・増進もその一つであり、健康経営は一人ひとりの働き甲斐向上や組織活性化、ひいては会社の成長に繋がる投資であると位置づけ、取組みを推進しています。

私自身も健康に配慮することが大切だと考え、社内ではできるだけ階段を利用するなど、日ごろから意識して運動をしています。

健康はかけがえのないものです。従業員の幸せも会社の発展も、そこから始まるのではないでしょうか。

代表取締役社長 髙村 美己志

当社グループの基本姿勢

  • 従業員の健康保持・増進は中期的に会社の利益向上に繋がる投資と考え、専門組織を常置、戦略的・体系的・継続的に実行推進します。
  • 医療費増加や傷病欠勤等リスク低減のみならず、心身健康な従業員による生産性・創造性の向上、企業価値増大を目指します。

推進体制

当社は2018年に健康経営推進課を人事部に設置するとともに、CSR活動の一環として健康経営を推進するため、以下の会議体によりPDCA運営を図っています。

健康経営推進会議: CSR関連部門長を議員として、年度目標の計画や達成状況を評価します。 ← 報告 / 評価、改善指示 → 健康経営担当者会議: 東亞合成の各事業所の人事部門担当者を議員として、各種施策の実行について協議・検討します。 ← 展開 / 報告 → 健康経営連絡会議: 東亞合成グループ各社の人事部門担当者を議員として、各種施策のグループ各社への展開実行について協議・検討します。

取組みの内容

健保組合と会社が連携して以下のような取組みを進めることで、不健康な状態の解消と未然防止を図り、2025年に疾病による長期休業者ゼロの実現を目指します。

健診・労働データ分析によるKPI設定と改善

二次健診受診率、高ストレス者割合、喫煙率、総労働時間、年次有給休暇取得率などをPDCA運営のためのKPIとして設定し、改善を目指します。

  • 目標達成度を評価するための指標(Key Performance Indicator)

定期健康診断の実施、健診後のフォロー

2017年の定期健康診断の受診率は100%となりましたが、再検査が必要と判断された従業員の二次健診受診率は80%でした。
労災二次健診制度を活用する等、受診率の向上に努めておりますが、従業員への受診勧奨を実施し、二次健診受診率100%を目指しています。
また、生活習慣病対策として、特定保健指導や一般保健指導も拡充を図っています。

メンタルヘルス対策の実施

メンタル不全者を発生させない職場を作り、従業員が自らのストレス状況を正確に把握するため、外部専門機関と提携し、2007年から毎年1回ストレスチェックを行っています。
2017年の当社グループのストレスチェック受検率は98%となりました。
面談指導を希望する高ストレス者に医師面談を実施することに加え、従業員や家族が会社を通さずに匿名で利用できる外部相談窓口を設置し、安心して相談ができる環境づくりに努めています。
チェック結果をもとに職場ごとのストレス傾向・原因を分析し、職場の所属長へフィードバックするとともに、職場ラインケアの中心となる管理職に対してメンタルヘルス研修などの対策を実施しています。

過重労働、長時間労働の抑制

2017年に全事業所にICカードリーダーを導入し、出退勤の見える化と管理精度の向上に努めています。
管理職を通じて時間外勤務をする場合の事前申請を徹底させており、従業員が申告した勤務時間とICカードリーダーで記録された在社時間とに一定以上のかい離がある場合には従業員と上司のパソコンに警告が出る仕組みを全社に導入しています。
時間外勤務時間が一定のラインに達した場合は、対象の従業員と上司に対してアラートが通知されるといった注意喚起を実施しています。
また、各事業所の勤務時間は労使委員会で報告し、労使一体で長時間労働の抑制対策を検討しています。