No.02 営業

若いうちから裁量を持って働けそうだと感じた

畠山直貴

本店営業部接着材料課 2012年入社

!自分次第で成長出来る環境があったから

就職活動時は具体的に「これをやりたい!」という事は定まっていませんでしたが、「自身がビジネスマンとして成長出来ること」を軸に企業探しをしていました。その中で、東亞合成を選んだ理由は3つあります。1つ目は、事業分野が川上に位置しているため、自動車や電子機器などの身の回りのものが出来るまでの至る所に東亞合成の製品が使われており、様々な業界の知見が身に付くと考えた事。2つ目は、大きすぎず小さすぎずの規模で採用も少数であり、他社よりも若いうちに裁量を持って仕事が出来そうと感じた事。3つ目は東亞合成の社員は暖かく誠実で、働きやすそうだと感じた事です。

また、会社として効率的な働き方を奨励していて、ワーク・ライフ・バランスも重視されているので時間を有意義に活用出来ることもあり、とても良い会社に入社したと思っています。

!お客様の多様な要求に合わせ、最良の接着剤を提供

私の役割は東亞合成の工業用接着剤の売上を伸ばすことです。販売方法は代理店を通して販売するケースと、直接ユーザーに販売する2つのケースがあります。どちらのケースにおいてもお客様と良好な関係を築く事が重要で、基本的な事ではありますが、顧客目線で考えて対応する事を心掛けています。

東亞合成の接着剤で一番有名な製品は瞬間接着剤「アロンアルフア」ですが、他にも様々な特徴を持つ数百以上の接着剤があり、既存のラインナップからの提案が販売の基本です。

一方で、年々、素材の多様化や接着剤に対する耐熱性等の要求レベルも上がっており、既存品で対応出来ない場合は、ニーズに対応するために研究開発部門に既存品改良や新規開発の依頼をします。このような場合、的確に要求内容を社内に伝える事が重要であり、営業は研究開発部門とお客様を繋ぐことでニーズを満たしていくという重要な役割を担っています。

!熟考し、進取果敢に取り組んでいると、どんな仕事でも面白い

東亞合成製品の中でも、特に接着剤は様々な製造業界、部位で使用されています。各々で特徴も異なり、様々な業界と接する事が出来るのは接着剤営業の醍醐味です。

また、社外・社内問わず自分の提案が受け入れられ、それが実行・成果に繋がった時が嬉しいです。提案が受け入れられるためには、適切な論理展開が必要で、それに伴う準備が必要です。その準備も業務中で済むに超したことはないですが、まだ職務経験は5年程度ですし、知識が不足している場合も多く、自己啓発で補う必要もあります。自分で何が必要かを考え行動するからこそ、成功した時の嬉しさがより大きくなると思います。

長い歴史のある企業は保守的でトップダウンが強い傾向にありますが、東亞合成はボトムアップの意見も受け入れてもらえる良さを併せ持っています。

!アロンアルフアのブランド力を他の接着剤でも構築したい

営業活動をしていると、良くも悪くも瞬間接着剤「アロンアルフア」のイメージが強く、UV硬化型など多岐に渡る接着剤も取り揃えているにも関わらず、その印象が薄いと感じます。

営業としての私の目標は、諸先輩の努力の賜物であるアロンアルフアブランドを維持しつつ、他の接着剤でもブランドを築くことです。それには戦略に沿った地道な活動が必要で、こういった活動一つひとつが東亞合成の成長に繋がると考えています。

また、将来は会社を牽引するキーパーソンになりたいです。今まで物流、人事、財務と経験し、営業が直接連携を取る部門も多いため、東亞合成の経営資源がどのように管理・運用されて事業が成立するかの概要を把握出来ました。これは、仕事をする上での私の強みです。今は未熟ですが、「これからの東亞合成を背負っていくのは私たちだ」という思いを持ちながら、様々な業務に愚直に取り組み、勉強もして能力を高めていきたいです。

!エネルギー溢れる人と一緒に仕事がしたいです

みなさんにとって、就職したいと思う会社はどんな会社でしょうか?

企業規模、事業安定性、福利厚生充実…など様々な見方があり、確かに、現時点で魅力的な会社はいくつもあります。しかし、長い社会人生活の中で、その会社が今後も魅力的であり続けるかどうかはわかりません。

東亞合成は今、より魅力的な会社になるために試行錯誤しながら徐々に変革しつつあります。グローバルで企業競争が激化している昨今、常に時代に合わせた変革を行う必要がある中で、既に魅力的な会社で働くことも良いですが、伸びしろがある会社でそれを実現させていくことを面白いと思いませんか?

変革にはものすごいエネルギーが必要です。若さだけでなく、熱意や使命感などから来るエネルギー、そういったエネルギー溢れる人と一緒に仕事が出来たらいいなと思います。

一日のスケジュール

08:30
出社

一日の予定、仕事の段取り確認

09:00
社内業務

メール等の問合せ対応、各種社内打合せ

12:00
昼食
13:00
顧客訪問

当社製品の評価の進捗状況確認や、製品説明、拡販策の打合せなど

17:00
翌日の予定確認
17:15
業務終了