ディスクロージャーポリシー

1. 情報開示の基本方針

東亞合成株式会社(以下、当社)は、「東亞合成グループ コーポレートガバナンス基本方針」に基づき、株主、顧客、取引先、従業員や地域社会など様々なステークホールダーに対し、適時、適切かつ公平に情報を開示し、当社グループに対する的確な理解を得られるよう努めます。

2. 情報開示の基準

当社は、当社グループの財政状況、経営成績等の財務情報だけでなく、経営戦略、リスクやコーポレートガバナンス等にかかる非財務情報についても、金融証券取引法や会社法などの法令および東京証券取引所が定める規則などに基づき、適時、適切かつ公平に開示いたします。また、法令および規則等に基づき開示すべき情報以外についても、ステークホ―ルダーが当社グループに対する的確な理解を行うのに有用、有益と判断される情報は、積極的に開示いたします。

3. 情報開示の体制

当社は、情報開示を掌握する担当取締役(グループ経営本部長)を委員長とし、コーポレート部門長が選任する者を委員とする「IR委員会」を設置しています。各委員は、自己の担当する業務部門の情報のうち、適時開示に関する情報を委員会に報告することにより、重要情報の判断やインサイダー情報の漏洩防止を行っています。グループ経営本部長は、決定事実は機関決定後遅滞なく、発生事実、決算情報、任意開示情報等の重要事項については代表取締役の承認の後、グループ経営本部の下にあるIR広報部に開示指示を下し、同部は情報取扱責任部署として情報発信を行うとともにステークホールダーからの問い合わせ窓口として対応いたします。

会社情報の適時開示にかかる社内体制図

4. 情報開示の方法

当社は、金融庁の提供する有価証券報告書等の開示書類に関する電子開示システム(EDINET)や東京証券取引所が運営する適時開示情報伝達システム(TDnet)を通じて情報開示を行うほか、情報公開後、速やかに当社ホームページにも掲示いたします。また、ステークホールダーが当社グループに対する有用、有益と判断される情報についても、当社ホームページへの掲載を積極的に行います。

5. 沈黙期間

当社は、四半期決算を含む決算情報の漏洩を防ぎ、情報開示の公平性を確保するため、四半期決算を含む決算期末日の翌日から決算発表日までを沈黙期間とし、この期間中は、決算や業績の見通しに関する情報の開示は行いません。ただし、沈黙期間中に業績予想の大幅な修正などが見込まれる場合には、適時開示規則に従い、公表いたします。なお、沈黙期間であっても、すでに公知となっている当社グループの情報に関するお問い合わせには対応いたします。

6. 第三者への情報開示と第三者による業績予想

当社は、機関投資家、アナリスト等との個別ミーティングでは既に公開された事実、周知の事実、あるいは一般的な事業環境等の情報に限り言及いたします。また、第三者によるいかなるコメント、業績予想等を支持することはありません。